★商品DB:H1

横浜ミストリー

★商品DB:番組詳細
横浜ミストリー

毎月

≪地上11ch≫毎日 午後2:00~、午後7:30~ / 月~木 午前11:00~ / 金~日 午後10:00~

横浜の歴史や文化(ヒストリー)に潜んだ謎(ミステリー)を解き明かすシリーズ

横浜・川崎の歴史や文化(ヒストリー)に潜んだ謎(ミステリー)を解き明かすシリーズ番組。
YOUテレビの看板番組であり、全国のケーブルテレビを通じて全国の方にご視聴頂き、毎回たくさんの感想を頂いています。
2003年からスタートした横浜ミストリーは、制作100本を超え、毎回様々なこと・ものをテーマに「ミストリー」を発見し、歴史をひもときます。

放送予定

今回の内容

2020年10月放送
フランソワ・ペルゴ ~日本初のスイス人時計師~

幕末の日本で西洋時計を広めるべく奮闘したスイスの時計職人フランソワ・ペルゴ
横浜でその生涯を閉じた彼の歩んだ驚くべき道のりを辿ります。

トピックス

●≪地上10ch≫ミストリーアーカイブスでは皆様からのリクエストを元に、過去に放送した横浜ミストリーを再放送しております。
ぜひ皆様のご意見をお聞かせください。
※番組編成の参考とさせていただくものであり、再放送をお約束するものではありません。あらかじめご了承ください。

ミストリー再放送のリクエストはこちら

アーカイブ

2020.09.01~ 9月 関東大震災~証言で綴る横浜の記憶~(再)

内容

2020年9月放送
関東大震災~証言で綴る横浜の記憶~(再)

大正12年9月1日午前11時58分、横浜に何が起こったのか?
一般に東京の被害が大きく取り上げられるが、横浜は全世帯の95%が全半壊または全焼し、2万人以上の死者を出す最悪の被害をもたらした。いったいその時どんな状況だったか?その後横浜で起こった隠された悲劇とは?それらの事実を実体験した方々の声を綴って紐解きます。

写真:焼け野原になった横浜

2020.07.30~ 8月 良きが上に良きものを~大倉陶園100年の技法~

内容

2020年8月放送
良きが上に良きものを~大倉陶園100年の技法~

1919年(大正8年)大倉孫兵衛、和親父子によって今から100年前に創業された大倉陶園(横浜市戸塚区)。「オークラ・ホワイト」と世界から絶賛された白磁器など、最高級の磁器を作り続けている。とくに1942年以前の商品は「オールド大倉」と呼ばれ、日本はもとより海外でも珍重されている。「オールド大倉」の名品は数々あるが、なかでも「岡染付薔薇絵花瓶」は大倉陶園の技術を代表する名品である。バイオテクノロジーによってまだ「青いバラ」がつくられる以前、大倉陶園は花瓶の表面に「青いバラ」を咲かせてしまったのである。その技法はいかにして生まれたのか?その謎を紐解く。

写真:岡染付薔薇絵花瓶

2020.07.01~ 7月 横浜WATERロードの旅~道志村の水源林を求めて~(再)

内容

2020年7月放送
横浜WATERロードの旅~道志村の水源林を求めて~(再)

横浜市の安心・安全な水道水。その水源の1つは、「天下の名水」と謳われた山梨県の道志川です。横浜市が道志村に水源林を取得したのは1916年で100年以上も前のこと。 その歴史の背景には、横浜市水道局と道志村との絆がありました。今回のミストリーは、今日まで一度も水を枯らすことなく、安定的に水を供給し続ける水源林の謎に迫り、100年以上に渡る横浜市と道志村との深いつながりをご紹介します。 ※この番組は2016年7月に放送されたものです。

写真:道志村の水源林