★商品DB:H1

横浜ミストリー

★商品DB:番組詳細
横浜ミストリー

毎月

【地上11ch】毎日 14:00~ / 19:30~ 月~木 11:00~ 金~日 22:00~

横浜の歴史や文化(ヒストリー)に潜んだ謎(ミステリー)を解き明かすシリーズ番組

YOUテレビの人気番組であり、ケーブルテレビを通じて全国の方にご視聴頂き、毎回たくさんの感想を頂いています。
2003年からスタートした横浜ミストリーは、制作100本を超え、毎回様々なこと・ものをテーマに「ミストリー」を発見し、歴史をひもときます。

放送予定

今回の内容

2022年12月放送
多摩川スピードウェイ物語~川崎から始まった日本のカーレース~

日本初、常設の本格的レース場「多摩川スピードウェイ」が完成したのは、昭和11年(1936)。それまで飛行場や競馬場を会場とした粗悪なサーキットで開催されていた自動車レースが、常時開催できる設備が完成した。また、この頃には欧米産の外車がほとんどだったレースに、国産車も加わるようになり、国産車の性能を競い合う場にもなった。残念ながら「多摩川スピードウェイ」でレースが行われたのは昭和13年(1938)までであったが、HONDAの創設者、本田宗一郎をはじめ、戦後日本の自動車の技術的な面やその発展にかかわる多くの人材が「多摩川スピードウェイ」から輩出されている。「多摩川スピードウェイ」とは何であったか?残された貴重な資料や関係者の方々の証言からその謎に迫る。

写真:昭和11年(1936)10月多摩川スピードウェイ第2回秋季大会 日産自動車株式会社提供「ダットサン ニュース」より

取材先紹介

多摩川スピードウェイの会 日産ヘリテージコレクション モビリティリゾートもてぎ ホンダコレクションホール ワクイミュージアム 片山光夫 小林大樹 小早川隆治 福田匠 太田邦博

トピックス

●ミストリーは全国のケーブルテレビ局で放送いただいています。ミストリーについて詳しくは特設ページをご覧ください!
 


●【地上10ch】ミストリーアーカイブスでは皆様からのリクエストを元に、過去に放送した横浜ミストリーを再放送しております。
ぜひ皆様のご意見をお聞かせください。
※番組編成の参考とさせていただくものであり、再放送をお約束するものではありません。あらかじめご了承ください。
 

アーカイブ

2022.11.01~ 11月 鶴見川に残された爪跡 〜60年前の狩野川台風から、わたしたちは何を学べるのか〜

内容

2022年11月放送
鶴見川に残された爪跡 〜60年前の狩野川台風から、わたしたちは何を学べるのか〜(再)

今から60年前、「ズゴゴゴー」というなんとも言えない地響きとともに、鶴見川の堤防が決壊。あっという間に、鶴見区内の沿岸のほとんどが浸水した。鶴見区内では床下浸水約3千戸、床上浸水約2千7百戸のたいへんな被害となり、水が引くまでの3日間、区民は不自由な生活を強いられた。この昭和33年(1958)に襲来した台風22号、「狩野川台風」は、1日の雨量が287mmに達し、明治29年の横浜地方気象台創設以来の記録となった。番組では、この日人々は何を思い、どのように行動したのか、その貴重な体験談を伺うとともに、いつ起きてもおかしくない明日の災害に備えて、コミュニティーが一体となって、防災に真摯に取り組む区民の姿を追う。

写真:狩野川台風により浸水した鶴見のまち 鶴見神社 蔵

2022.10.01~ 10月 鉄道はじめて物語 ~鉄道開業150周年~

内容

2022年10月放送
鉄道はじめて物語 ~鉄道開業150周年~

2022年は、明治5年(1872)お雇い外国人エドモンド・モレルの陣頭指揮のもと、横浜ー新橋間に日本で初めての鉄道が開通してからの150年の記念すべき年にあたります。当時、いったいどのように鉄道は開業したのか?鉄道の線路はどのように敷設されたのか?なぜ、桜木町駅に鉄道開通の記念碑があるのか?など、「陸蒸気」と呼ばれ、市民にとって驚きの的であった鉄道の開通当時を、貴重な資料や錦絵を通して振り返ります。


写真:神奈川蒸気車鉄道之図
※2011年11月に放送した番組に、新しい資料を加えて再編集したものです。

2022.09.01~ 9月 時をかける石工~鶴見の名工・飯島吉六とその狛犬~

内容

2022年9月放送
時をかける石工~鶴見の名工・飯島吉六とその狛犬~

私たちが普段気軽に訪れる身近な神社やお寺。そしてそこに狛犬の姿をみるのは日本の原風景と言っていいでしょう。横浜や川崎にも多くの神社やお寺があり、狛犬もたくさんあります。ただ、その狛犬の作家として鶴見に飯島吉六という石工が存在したことは狛犬ファン以外にはあまり知られていません。その活動時期は江戸時代の宝暦年間から明治までのあまりにも長い期間です。なぜ、そんなに長い期間、時を超えて活躍できたのか?今回の番組ではその謎を紐解くとともに、時とともにその姿を変え、世相を反映する「時代の鏡」でもある飯島吉六の狛犬の魅力を紹介していきます。

★吉六狛犬MAPをダウンロードして巡ってみよう!

エディタ
オトクに始めるYOUテレビ♪
お電話でお申込みはこちらから
フリーコール:0120-317-230
10:00~17:00(土日祝祭日も受け付けております)
※お電話での新規ご加入のお問い合わせについて:水曜日は受付しておりません